1. クレーム(貨物引取り時)
①船:貨物引渡しまでに異常を発見
・在来船:カーゴ・ボート・ノートにリマーク
・LCL: デバンニング・レポートにリマーク
・FCL: FCLでCY搬出時にコンテナおよびシールの損傷、破損を点検→シールに異常の旨を機器受渡証E/R Outにリマークとして明記→CYオペレータと受取人双方が署名し一部ずつ保管→それが書面での事故通知とみなされる。

cf船積時に異常発見
在来船:メイツ・レシートにリマーク

コンテナ船:ドック・レートにリマーク

→L/G→Foul B/L→Clean B/L

②船:貨物受け取り後発見→貨物引渡し後「3日以内」に船会社に事故通知Claim Notice、損害賠償請求する権利を留保する申し出である「予備クレーム」 Preliminary Claimを提出する。
Claim Notice
We hereby report you that damage has been found in connection with the following goods, for which we reserve the right to file a claim with you.

③AIR:貨物受け取り後発見→ヘーグ改正ワルソー条約(ヘーグ議定書)にもとづき、損害賠償請求の明細を貨物受取日から14日以内に運送人に提出。

④わが国における海上運送人への損害賠償請求権の消滅時効:貨物引渡し日(全損・滅失の場合は引渡しがあるべき日) から「1年以内」
・期限切れになる前に解決が不可能と判断→時効期間延長のために運送人に時効延長願い Application for Time Extensionを届ける。
⑤AIR:到着から2年以内に裁判上の請求がなされないとき。

2. 全損の場合

絶対全損

推定全損Constructive Total Loss
(1)Abandonment (委付)
全損の場合、被保険貨物について有する一切の権利を保険会社に委付。
(2)保険会社は荷主が有する運送人に対する損害賠償請求権を継承。
(3)Subrogation Receipt 権利移転領収書
保険会社が被保険者に保険金を支払うことと引き換えに、被保険者が船会社に対してもっている求償権はした保険会社に移転する。それを証するため、被保険者は権利移転証(Letter of Subrogation) に署名し、保険会社に提出する。
(4)保険会社:権利移転領収書、損害立証書類を添付して運送人に対し代位求償。

3. 保険会社への保険金請求に必要な書類
Documentation of Claim
①Claim Note 保険金の請求書
②保険証券(まはた保険承認状)
③B/L
④Invoice
⑤損害検査報告書
⑥荷卸港における重量証明書 
⑦船会社に対する求償の往復書簡

・保険額が保険価額を超過:超過部分は無効とされ、保険金支払い対象とならない。
・ 損害防止費用は物的損害との合計額が保険金額を超過しても全額が填補される。
・ 告知義務違反がなく、事故の発生を知らずに申込があった保険契約は、既に事故が発生していても所定の保険期間の開始時にさかのぼって填補される。→保険契 約は、1906年英国海上保険法が規定する通り、最大の善意にもとづく契約。旧証券本文約款の遡及条項(Lost or Not Lost)、新ICC第11条、11.2項。

4. 分損 (Partial Loss)

険求償

(日本の輸入者の立場で説明します。金額は便宜上適当に付けたものですので、例示した商品との関連性はありません。)

(1) 質的な分損

例1 損率協定(allowance)  

豆の輸入 100MT  保険金額 2,400,000円

540円/Kgで販売予定だったが、航海中に10MTのダメージ。

保険会社・鑑定人と協議して、格落ち50%とした。

Cargo Amount Insured                 Beans 100MT   Yen 2,400,000.-

Allowance                                    For 10MT, 50%

Relevant Cargo Amount Insured    Yen2,400,000 X 10MT/100MT= Yen 240,000.

                 かけた保険金額に対して、損害部分の対象保険金額を計算

Amount of Claim                          Yen 240,000. X 50% = Yen 120,000.

                 損害部分の保険金額に、損率を乗じて求償額を求める。

                 Amount of Claim (支払い保険金)          Yen 120,000.

 

例2 格落ち処理

果物の輸入 10MT 保険金額 1,500,000円

損害が無ければ1Kgあたり1000円で販売予定だったが、航海中に2MTのダメージ。

1Kgあたり300円でしか売れなかった。

Cargo Amount Insured                 Fruits  10MT   Yen 1,500,000.-

売却による値引き率        Yen300/Yen1,000 x 100 = 30%

Relevant Cargo Amount Insured    Yen 1,500,000 X  2MT/10MT = Yen 300,000.-  (該当保険金額)

Amount of Claim                          Yen 300,000.- X 30% =Yen 90,000.-

                                                  Amount of Claim (支払い保険金)         Yen 90,000.-

 

(2) 量的な分損

例   金属棒A   金属棒B  合計200本 内、Aのうち20本が抜荷(pilferage)。

      200本文の保険金額 2,100,000円

  Invoice (CFR)   金属棒A  @10,000円x 100本= 1,000,000円

           金属棒B  @20,000円x   50本= 1,000,000円

                                ------------------------------------------------

                                合計    CFR                            2,000,000円  

     2,100,000 x @10,000円 x 20本/2,000,000円= 210,000円     

   Amount of Claim (支払い保険金)                Yen 210,000.-