インコタームズ

インコタームズ(Incoterms)は国際条約ではなく、国際商業会議所(International Chamber of Commerce : ICC) が取り決めた貿易のルールである。Incotermsという用語自体、ICCの登録商標となっている。また、Incoterns2010の本文も著作権で保護されている。本文は、日本商工会議所のHPから英和対訳版の注文書をダウンロードして入手されたい。

古い世代には、FOB, C&F, CIFとして親しまれ、「危険負担は本船の手すりを越えた時点」で売主から買主に移転する、として貿易実務の講座では教えられてきた。


今日ではコンテナ船による物流が海上輸送の大半を占め、また、航空機の大型化により比較的大きな機械類も航空輸送が利用されている。ICCでは国際貿易の実情に合わせてインコタームズの見直しを行っているが、最新版が「インコタームズ2010」。貿易条件の数はこれまでの13,から11に整理され、「本船の甲板に貨物を置いた時点」に改訂された。インコタームズ2010は、2011年1月1日から発効されている。

 

なお、例えば米国で使われているFOBとIncotermsとでは、FOBの定義が異なっている。従って、Sales contract では用語の定義をキチント行なっていたほうがよい。 通常は次のような文言を入れる。

All trade terms such as FOB, CIF, CFR, CIP etc. used herein shall be interpreted in accordance with INCOTERMS 2010.

(20120422) 

 

 

インコタームズ2010英和対訳版は、日本商工会議所のHPから注文書がダウンロードできる。

http://www.jcci.or.jp/international/2010/1007161249.html

 

インコタームズ2010について、山九株式会社の「お役立ち通関情報」が図入りで詳しく解説している。

http://webciss.sankyu.co.jp/portal/j/asp/newsitem.asp?nw_id=1899

 

 

インコタームスでは、売主は買主に対して、売買契約に定めた物品、商業送り状、ならびに契約で要求されている、契約に合致している旨のその他の証拠を提供しなければならないとしているが、

・契約に適合しない場合のことまでは定めていない。

・物品の所有権の移転については言及していない。

買主は売主に対して、物品の代金を、売買契約に取り決めた時期・方法にしたがって、支払わなければならないとしている。

また、インコタームスでは、売買当事者の免責については定めていない。

EXW (Ex Works)

運送形態に係らず使用可。国内取引に利用することも可能な条件。
・売主が合意期日/期間内に、売主の工場、倉庫などで、貨物を床や地面に置いたまま(積み込まないで)、その引取りを買主に委ねる。そこまでは売主の費用と危険負担において準備する。

・輸出国側で貨物の引渡しを行う「積地売買」。

・危険負担は、売主が「さあ、買主さん引き取ってください」と、買主の処分に委ねたした時点で、買主に移転する。

・買主は集荷の車などを仕立ててそれを引きとりにゆく。通常、売主の敷地で引き渡すなら、積み込み設備などが有るから、売主が積み込みを行ってあげるのが通例だろうが、EXW条件ではそこまでの責任は売主に無い。(売主に集荷の車などに積み込ませたいのならFCA条件を使うほうが良い。従って、国際取引ではFCAを使ったほうが良い。)
・売主にとって、もっとも負担が少ない条件である。

・輸出通関を行うのは買主である。売主は輸出通関を行う義務は無い。

・売主は買主の依頼、危険および費用により、物品の輸出に必要な輸出許可その他公式の認可を買主が取得するにあたり、買主に情報提供し助力を与えなければならない。

 (20160508)

  梱包     出荷積込 T搬入 T荷卸     輸出通関 船手配   保険手配 輸入申告 関税 現地配送 荷卸し

EXW

売主

買主に委ねて

危険が買主へ

積込:買主手配

買主  買

FCA (Free CArrier)

運送形態に係らず使用可。

・売主が合意期日/期間内に、売主の施設以外の場所で、買主が指定した運送人に物品を引き渡すが、輸送手段から物品は荷卸ししないまま、運送人の処分に委ねる。

・輸出国側で貨物の引渡しを行う「積地売買」。

・FOBと似ている、といえば判りやすいだろう。しかしFOBは在来船に用いる。飛行機やコンテナ船の場合はFCAを使う。

・Buyers Consolidation (各調達先からの貨物がLCLであるため、輸出地のフォワーダーが貨物を取りまとめて混載してコンテナに入れてFCLとしバイヤーに送るもの)の場合、FCAが適している。

・表記例:例えば成田空港発のフライトでFCAで輸出する場合、実際の貨物の搬入先が宇都宮のXYZフォワダーの貨物ターミナルの場合は、FCA Naritaではなく、FCA Utsunomiya XYZ Terminal といった表記となる。

①危険負担

・売主が、売主の敷地で貨物を運送業者に引き渡す場合は、買主が手配した運送業者の車に売主が積み込んだ時点で、危険負担が買主に移転する。FCA Sellar's warehouse。輸出通関は買主が行う。

・買主が指定した貨物ターミナルへ搬入する場合は、売主が仕立てた車に荷物を積んだ状態で、貨物ターミナル側に貨物を委ねた時点で危険負担が買主に移転する。輸出通関:売主が輸出通関を行う

③運送の手配や保険の手配

・売主が行う義務は無い。買主が行う。

・積み込む船の指定は買主が行う。もっとも、買主が売主に運送の手配を頼んだり、売主が運送手配を行うことが慣例となっている場合は売主は、買主の費用と危険負担のもとに運送手配を行う。

・実務上は買主からは船会社かフォワーダーの指示だけがあり、貨物出荷のタイミングを見て輸出者が指定された船会社やフォワーダーに「輸入者○○からお宅を使うように連絡を受けている」とコンタクトして船腹潜伏予約することが多い。

④仕向地での輸入通関:売主が行う義務は無い。買主が行う。

(20160405)

  梱包  出荷積込 T搬入 T荷卸     輸出通関 船手配   保険手配 輸入申告 関税 現地配送 荷卸し

FCA Sellar's

Warehouse

・売主が買主手配の輸送手段に積込。

・積込後危険負担は買主

 買

FCA Forwarder's

Warehouse

・車上で委ねて危移移転

・買主が荷卸し手配

CPT (Carriage Paid To)

運送形態に係らず使用可。

CFRと似ている、といえば判りやすいだろう。しかしCFR (インコタームズでは1990年版からCFR、その前がC&Fと表現)があるが、CFRは在来船向け。飛行機やコンテナ船ではこのCPTを用いる。

CPT Bangkok US$100,000 などと表現するが、運賃はBangkokまではカバーされるが、危険負担はBangkokまでではなく、日本のコンテナターミナルまでである。

輸出国側で貨物の引渡しを行う「積地売買」。

 ①危険負担

原文(英文)では、FCAの様に明快に場合分けして書かれていない。handing them (goods) over to the carrier と表現されている。

・売主が、売主の敷地で貨物を運送業者に引き渡す場合は、売主自らが手配した運送業者の車に売主が積み込んだ時点で、危険負担が買主に移転する。

・売主が貨物ターミナルへ搬入する場合は、売主が貨物ターミナルへ自ら選び、そこに売主が仕立てた車の上で荷卸しをしない状態で、貨物ターミナル側に貨物を委ねた時点で危険負担が買主に移転する。

②輸出通関:売主が輸出通関を行う。

③運送の手配や保険の手配

・売主が目的地までの運送の手配、運賃の支払いを行う。

・引渡し後の危険負担は買主が負うので、必要に応じて買主が保険をかける。

④仕向地での輸入通関:買主が行う。

 (20120422)

          梱包  出荷積込 T搬入 T荷卸     輸出通関 船手配   保険手配 輸入申告 関税 現地配送 荷卸し

CPT Bangkok

(工場渡)

・積込後危険負担移転

 買

CPT Bangkok

(ターミナル渡)

・車上で委ね危険移転

・売が荷卸手配

CIP (Carriage and Insurance Paid to)

運送形態に係らず使用可。CIFと似ている、といえば判りやすいだろう。

ただし、CIFは在来船の場合に用いる。飛行機やコンテナ船ではこのCIPを用いる。

①危険負担

原文(英文)では、FCAの様に明快に場合分けして書かれていない。 handing them (goods) over to the carrier と表現されている。

②輸出通関:売主が輸出通関を行う。

③運送の手配や保険の手配

・売主が目的地までの運送の手配、運賃の支払いを行う。

・売主が必要な輸出許可その他公式の認可を取得する。

・売主が保険をかける。上記CPTの価格に保険料を加えてCIP価格とする。 

・保険はreputeな保険会社でminimum cover、契約金額の110%を、契約の通貨でかける。

しかし、誰が保険のアレンジをするかということと、誰が危険負担するかということとは別。

・売主が、売主の敷地で貨物を運送業者に引き渡す場合は、売主自らが手配した運送業者の車に売主が積み込んだ時点で、危険負担が買主に移転する。 以降、万一事故があれば買主が保険求償等の手続きをおこなう。

・売主が貨物ターミナルへ搬入する場合は、売主が貨物ターミナルへ自ら選び、そこに売主が仕立てた車の上で荷卸しをしない状態で、貨物ターミナル側に貨物を委ねた時点で危険負担が買主に移転する。以降、万一事故があれば買主が保険求償等の手続きをおこなう。

④仕向地での輸入通関:買主が行う。

 (20160405) 

          梱包  出荷積込 T搬入 T荷卸     輸出通関 船手配   保険手配 輸入申告 関税 現地配送 荷卸し

CIP Bangkok

(工場渡)

・積込後危険負担移転

売主 売主  買

CIP Bangkok

(ターミナル渡)

・車上で委ね危険移転

・売主が荷卸手配

売主

DAT (Delivered At Terminal)

運送形態に係らず使用可。

・揚地で貨物の引渡しを行う「揚地売買条件」。

①危険負担
埠頭、倉庫、コンテナヤード、貨物ターミナルなど、屋根の有無に係らず、仕向地の買主指定「ターミナル」において、船やトラック等の運送手段から売主が荷物を降ろして地面に置いて(つまり荷卸費用は売主負担)、買主の処分に委ねたときに、危険負担が買主に移転する。

②輸出通関:売主が輸出通関を行う

③運送の手配や保険の手配

売主が目的地までの運送、保険の手配・支払いを行う。航海途中や仕向地のターミナルで荷卸しして買主の処分に委ねる前に発生した貨物の損害は、売主が負担することになる。

④仕向地での輸入通関:買主が行う。

(20160405)

          梱包  出荷積込 搬入 荷卸     輸出通関 船手配   保険手配 輸入申告 関税

ターミナルまで運送

T内荷卸し 現地配送

DAT

 買

・下して委ね危険移転

DAP (Delivered At Place)

運送形態に係らず使用可。

・揚地で貨物の引渡しを行う「揚地売買条件」。

①危険負担
売主は売主・買主が合意した仕向地国内の指定場所において、車上渡しで(荷卸をしないで)買主にその処分を委ねた時点で危険負担が買主に移転する。荷卸し費用は含まれない。

②輸出通関:売主が輸出通関を行う。

③運送の手配や保険の手配

仕向地国内の指定場所までの運送・保険は売主が手配する。しかし、売主は仕向地での輸入通関や輸入税の支払いを行う義務はない。それまで売主が行うならDDP条件を使用する。

④仕向地での輸入通関:買主が行う。

 コンテナ輸送と複合運送契約の普及を背景としてインコタームズ2010では DAP(Delivered At Place) とDDP(Delivered Duty Paid) の2種類に集約されDDU(Duty Delivery Unpaid) は廃止。

従来のDDU=DAPと解釈してよい。

(20160324)

    梱包  出荷積込 T搬入 T荷卸     輸出通関 船手配   保険手配

輸入

申告

関税 現地配送 荷卸し

DAP

 買

・車上で委ね

危険移転

DDP (Delivered Duty Paid)

運送形態に係らず使用可。

・揚地で貨物の引渡しを行う「揚地売買条件」。

①危険負担

売主は買主の指定場所において、車上渡しで(荷卸をしないで)買主にその処分を委ねた時点で危険負担が買主に移転する。           荷卸しは買主

②輸出通関:売主が輸出通関を行う。  

③運送の手配や保険の手配:売主が仕向地国内の指定場所までの運送・保険を手配する。

④仕向地での輸入通関

売主は仕向地での輸入通関や輸入税の支払いを行う。DDPは売主にとって一番負担の大きい条件である。

(20160405)

    梱包  出荷積込 T搬入 T荷卸     輸出通関 船手配   保険手配 輸入申告 関税 現地配送 荷卸し

DDP

売主

(仕向地国内の指定場所まで)

・車上で委ね危険移転

FAS (Free Alongside Ship)

在来船による運送時に使用する。

貨物がコンテナに入っている場合は、ターミナルでの引渡しが通常であるから、FCA条件によるべきである。

・輸出国側で貨物の引渡しを行う「積地売買」。

①危険負担

売主が、埠頭やはしけによって、buyer が指定した本船に貨物を横付け alongside した時点で危険負担が売主から買主に移転する。

②輸出通関:売主が行う。

③運送の手配や保険の手配:買主が行う。

④仕向地での輸入通関:買主が行う。

(20120422)

    梱包  出荷
積込
T搬入 本船横付け  輸出通関 船手配   保険手配 輸入申告 関税 現地配送 荷卸し

FAS

・横付けで
危険移転

FOB (Free On Board)

在来船による運送時に使用する。

売主が合意期日/期間内に、指定された船積港で、買主が指定した本船の船上まで物品を運送して引き渡す。

貨物がコンテナに入っている場合は、ターミナルでの引渡しが通常であるから、FCA条件にすべき。

・輸出国側で貨物の引渡しを行う「積地売買」。

①危険負担

売主が、買主が指定した本船の甲板に貨物を置いた時点で危険負担が売主から買主に移転する。

「本船」だから、沖合の本船まではしけで運んで、はしけから本船に積み替えて本船の甲板に置かれるまでは売り主の危険負担。

②輸出通関 : 売主が行う。物品の輸出に必要な許可その他の公式な認可も売主が取得する。

③運送の手配や保険の手配 : 買主が行う。

④仕向地での輸入通関:買主が行う。

(20160508)

    梱包  出荷
積込
T搬入 本船積込 輸出通関 船手配   保険手配 輸入申告 関税 現地配送 荷卸し

FOB

・甲板に置いて
危険移転

CFR (Cost and FReight)

在来船による運送時に使用。
いわゆるC&Fだが、1990年版INCOTERMS以降CFRと表示されている。

貨物がコンテナに入っている場合は、ターミナルでの引渡しが通常であるから、CPT条件にすべき。

・輸出国側で貨物の引渡しを行う「積地売買」。
①危険負担
売主が、売主が手配した本船の甲板に貨物を置いた時点で危険負担が売主から買主に移転する。

②輸出通関

売主が行う。

③運送の手配や保険の手配

・売主が目的地までの運送の手配、運賃の支払いを行う必要がある。Freight Prepaid

・保険については、引渡し後の危険負担は買主が負うので、必要に応じて買主が手配する。

④仕向地での輸入通関は買主が行う。

(20120422)

    梱包  出荷
積込
T搬入 本船積込 輸出通関 船手配   保険手配 輸入申告 関税 現地配送 荷卸し

CFR

・甲板に

置いて
危険移転

CIF (Cost, Insurance and Freight)

在来船による運送時に使用。

貨物がコンテナに入っている場合は、ターミナルでの引渡しが通常であるから、CPT条件によるべきである。

・輸出国側で貨物の引渡しを行う「積地売買」。
①危険負担:売主が売主自らが手配した本船の甲板に貨物を置いた時点で、危険負担が買主に移転する。

②輸出通関:売主が行う。

③運送の手配や保険の手配:売主が目的港までの運送Freight Prepaid、保険の手配・支払いを行う。

④仕向地での輸入通関:買主が行う。

(20120422)

    梱包  出荷
積込
T搬入 本船積込 輸出通関 船手配   保険手配 輸入申告 関税 現地配送 荷卸し

CIF

・甲板に

置いて

危険移転

(目的港まで)

細かな費用分担

 

インコタームズでは、THCなど具体的な個別の詳細費用細の分担に関しては定めていない。
売主・買主の間で個別に決め、文書にしておくことが無難。
運送業者は結果的に規定の運賃、諸費用が全て回収できれば良いので、売主、買主どちらが払おうが問題ない。場合によっては双方に二重に請求してくることもある。