輸出金融

船積み前金融
(1) つなぎ融資→輸出売買契約成立前の見込み生産などを目的とした銀行の融資。通常の融資と同じ。インパクト・ローンによる融資もある。
(2) 輸出前貸→輸出売買契約後に、輸出者が受注品の材料を国内仕入れ等するために、輸出者が約束手形を銀行に差し入れて貸付を受ける。国内単名手形貸付と変りない。

船積後金融
(1) L/C付き輸出荷為替手形の買取も、銀行が荷為替決済入金するまで資金建て替えの形になるので、輸出者に対するいわば融資と言える。
(2) L/Cなし荷為替手形の買取(銀行は基本的にはやらない。)

インパクトローン(外貨貸付)

(1) 対象:日本の銀行が国内の取引先に対して行う、外貨貸付

(2) 資金の使途等:資金の使途、通貨の種類、融資金額、金利などについての資金の使途制限がない。船積み前金融に利用される場合もある。

(3) 貸付先企業が倒産した場合: 銀行は、貸付先の円預金、外貨預金と相殺できるが、銀行にとっては金銭消費貸借による貸付けによる国内取引先企業への与信行為となるので、審査が必要となる。

(4) 貸付通貨の種類:銀行が調達可能な主要通貨すべてが利用可能。

(5) 金利:LIBOR(ライボー・ロンドン銀行間金利)などの外貨調達コストに、銀行の利ざや(スプレッド)を上乗せして、銀行が自由に決められる。

(6) 利息:1年を360日で計算、満期日に元金・金利を回収。

(7) 銀行からインパクトローンを受けることによるメリット

 ①輸出債権などの為替リスク回避のため、中長期のインパクト・ローンを利用する場合がある。

 ②利息後払い。

 ③資金調達の多様化。

(8) 邦銀や在日外銀がインパクトローンの原資を調達する場合、その大部分をユーロマネー市場などからの短期資金借入れに頼る場合が多い。インパクトローンの金利体系などの貸し付け条件は、ユーロマネー市場の取引慣行を反映している。

(9) 外為法上の資本取引に関する事後報告は不要とされている。