輸出貿易保険

詳細は、独立行政法人日本貿易保険 (NEXI) のホームページを参照

http://www.nexi.go.jp/

 

1.貿易保険の利用シーン
(1) 初めての海外取引または新たな取引先との新規取引
→L/Cや前受け金で取引するにしても、契約締結後に貨物の生産を始めたが船積み前にバイヤーの倒産などの信用リスク、手形支払人の積金ではない非常リスク(為替制限や輸入制限、戦争や革命等のカントリーリスクが想定されるために貿易保険を付保。
(2) 既存取引が拡大し、これまでのL/C取引から、後払いベースをバイヤーから求められる場合。リスク拡大に備え、貿易保険を付保。
(3) バイヤーから決済方法を変更し、L/C取引から後払いベースへの変更や、前金から後払いへの変更を求められる場合。取引金額は同じでも代金未回収のリスクが増える。

(4) 輸出のほか、投資・融資を行う本邦企業のリスクに備える。

 

2.利用可能な企業

(1) 日本国内に居住していて、活動の基盤が日本国内にある企業であれば、日本法人、外国法人を問わず利用可能。

(2) 日系企業の海外子会社や海外支店が直接の利用者となることも可能。(現地法による利用規制がある国が多いため、そのような規制に抵触しない範囲・方法に限る。)

 

3.貿易保険の填補割れ部分
通常80%~97.5%。 被保険者に回収努力を求めるため、リスクの一部を被保険者の負担としている。(サービサーに回収委託をすることも可能。)

 

4.貿易保険の商品種類
(1) 貿易一般保険:個別保険、包括保険 など
(2) 限度額設定型貿易保険:同じバイヤーに継続出荷の場合。 中小企業の場合は特定バイヤーと取引する場合が多いので、これを使うケースが多い。
(3) 中小企業輸出代金保険:個々の輸出契約を対象。契約金額5,000万円以下、決済期間180日以内に限定。船積み後の非常・信用リスクをカバー。売買契約のエビデンス提出不要など、簡素な手続で付保可。
(4) 輸出手形保険:被保険者は銀行。輸出手形を買い取った銀行が、不渡りの場合に補填

 

5.NEXIの貿易保険引き受け方針 (20160518)

(1) 信用リスク引受けのため、事前にNEXI 独自の与信審査が行われる。

バイヤー格付
 G (Government)
 E (Enterprise) 民間企業
  更にEE,EA,EM,EF,ECに区分される。
  NEXIでは膨大な企業リストを保有し、無い場合はダンレポ等を取寄せ格付けする。
 S (Security)  銀行(Gに区分される銀行を除く)
 P (Provisional) 上記以外 

(2) 輸出手形保険:被保険者は銀行。輸出手形を買い取った銀行が、不渡りの場合に補填。銀行が輸出者から手形を買い取り、5営業日以内に「買取通知書」をNEXIに通知して、保険契約が成立。