英文契約書

前提

1. 日本人はお人よし、性善説の立場から契約書の末尾に「本契約に既定の無い事項は別途双方が誠意をもって協議する」といった「別途協議条項」を入れるケースがみられる。しかし、海外では「だまされる方が悪い」という認識がある。英米の契約書は、別途協議してもラチが空かない場合の「紛争処理マニュアル」の様なスタンスで作成される。

2. これから新たに国際取引を始める場合に重要なのは、契約しようとする相手側と具体的な条件を十分に詰めて納得したうえで、それを詳細に文書化しておくこと。

3. 海外営業の現場でよく目にする契約は、売買契約、販売店契約、秘密保持契約、ライセンス契約、合弁契約などがある。ここでは、機械装置の単発の売買契約書の例を挙げる。なお、物品売買の場合は原則として「ウィーン売買条約」United Nations Convention on Contracts for the International Sale of Goods が適用される。

 

基本的な単語

shall :  義務がある場合に用いる。

must: shallと同様に義務をあらわすが、命令口調のため英文契約書ではあまり用いられない。

will  :   shall よりは弱い義務。相手が準備した契約書のひな型では、相手の義務のところにはwill , こちらの義務のところにはshallと、使い分けていたりする。こういう場合は、「双方ともshallを使え」と主張する。

may :  ~する権利がある、~することができる。

   義務的な規定にmayを用いると、義務的でないと主張される場合がある。

   ~してはならない、の場合は shall notを使う。

should: 義務をあらわす場合に用いることはまれ。If there should arise between Parties any dispute~ という様に仮定法で用いられることがある。

whereas : ~なので

hereto , hereof: これに関する

hereby , hereunder:この契約書によって

thereof : 契約書で言及した別の文書を指して、「その(文書)」。

thereafter : 今後

thereby :  そのため   

therein : この契約書で

 

PRODUCT SALES AGREEMENT

 

This Agreement  is made and entered into this 1st day of March, 2018 in Tokyo, Japan by and between

Japan Boeki Co., Ltd a corporation organized and existing under the laws of Japan, with its principal place of business at 1-2-3 Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan (hereinafter called the “Seller”), and,

Thai Smile Corporation, a corporation organized and existing under the laws of Kingdom of Thailand, with its principal place of business at (8F #551 Park Bldg. Soi 123 Lama V Road, Bangkok, Thailand ( hereinafter called the “Buyer”),

 

モノの売買の場合契約書の表題は、売手の書式の場合Sales Agreement、買手の書式による場合がPurchase Agreement となるのが一般的であるが、それぞれの書式は自己に有利となるような内容となっており、売手・買手どちらの書式を採用するかの主導権争いを「書式の争い(Battle of Forms)」という。

ここではモノの輸出のケースに用いるSales Agreement を例示する。

 

Agreement (合意)とContract(契約)のニュアンスの違い:

AgreementはContractよりも広い概念で、口約束的な内容、片務的な内容も含むニュアンスがある。

・実務上は、商取引の基本契約、ディストリビューターの設定契約など、両者の基本的な関係を定める場合Agreement の語が用いられる傾向がある。

・Contractは双務的なニュアンスがある。取引の基本的内容を定める Agreementをベースとした、個別の、商品出荷契約などはContractの語が用いられる傾向がある。

 

同義語反復 :

英文契約書では「made and entered」「by and between」など、同じ意味の単語が続けて用いられるケース(同義語反復)が散見される。一説には11世紀にノルマン人が英国を侵略した際、先住民の言葉とノルマン人の言葉を契約書に併記した名残ともいわれている。

外為法上の契約発効条件の要請:

輸出品目が安全保障貿易管理の観点から外為法上の輸出許可が必要なものの場合、経産省通達「輸出注意事項」において「契約書は、原則として、政府の許可が得られるまで契約が発効しない旨の規定を盛り込んだものであること。」との指示がある。この場合、"This agreement shall not become effective until approved in writing by the Japanese Government. "などの表現とすることが必要となるが、ここでは省略する。

 

 WITNESSETH

WHEREAS, the Seller desires to sell certain Products to the Buyer; and
WHEREAS, the Buyer desires to purchase such Products from the Seller, all upon the terms and conditions contained in this Agreement,
NOW, THEREFORE, for and in consideration of the mutual promises and covenants  contained set forth herein, the Seller and the Buyer (each a “Party” and together the “Parties”) hereto agree as follows:

・前文の This Agreement が主語で、この段の witnesseth(古語「証する」の意)が述語にあたり、英文契約書全体がワン・センテンスを構成し、「本件合意は以下を証する」という文脈になる。

・WHEREASの部分は、“Whereas clause”とか “Recital(リサイタル)”と呼ばれる。Seller は売りたいから、Buyerは買いたいから契約を締結すると宣言し、契約の背景、目的を説明する条項。

・for and in consideration の部分は「約因」と呼ばれる、対価の存在を示すもの。売買契約の様な双務契約であれば considerationはあると考えられ、絶対必要という文言ではない。しかし、一般的には書いておいた方が無難。

・covenants: 契約条項

・set forth herein: この契約書で規定された

 

Article 1.   Definitions

In this Agreement, the following terms shall have the meaning set forth below.

"Product" or "Products" means ~

"Specifications" means ~

"Business day" means any day on which the  banks are open for business in both cities in Tokyo and Bangkok.

定義条項

契約書中の用語について、定義を述べる。

Article 2.   Contract Price

Unless otherwise agreed, the price payable by the Buyer to the Seller for the Products shall be Japanese Yen 1,234,567.- (Japanese Yen One Million Two Hundred Thirty-Four Thousand Five Hundred Sixty-Seven Only)

ミスを防ぐために金額をスペルアウトする。数字とスペルアウトが異なる場合は、スペルアウトが優先する。

Article 3.   Trade Terms

Trade term shall be FCA Narita Airport. Unless otherwise expressly provided for in this Agreement, the price and trade term “FCA” shall be interpreted in accordance with Incoterms 2010 as amended thereafter.

FCAは  Free Carrierの略。運送人渡条件。輸出者が指定した空港で、輸入者が指定した運送人の管理下に貨物を引き渡すことにより輸出者の引渡し義務(危険義務)が完了となる取引条件。  as amended とは「その改訂版も含む」の意。 

Article 4.   Payment

1 The Buyer shall pay the Contract Price to the Seller in Japanese yen on or before the 31st  October 20XX via wire transfer to the following bank account as designated by the Seller.

The Buyer shall be responsible for any banking charges outside Japan in connection with the wire transfer.

 Bank Name: Thai Bank of Hinode Co.Ltd. 

 SWIFT Code: HINJPJT999

 Savings Account No.123987

 Account Holder: Japan Boeki Co., Ltd

2 Payment is deemed as effected when the amount is finally credited to the Seller’s bank account and is available there.

代金決済方法には教科書的にはL/C決済だろうが、この例では日本円の全額前払い送金とした。

銀行諸掛もバカにできないので、日本国外でのすべての銀行手数料は買主負担と明記した。

L/Cの場合、L/Cの内容に不備がありそのアメンドを要求するも買主がタイムリーに訂正せず、そうこうしているうちにL/Cの船積み期限が到来するなどが起こりがちなので、取引の浅い場合は(だめもとでも)前払い送金の条件を提示する方が良い。

SWIFT コードは、銀行間通信網(SWIFT)において銀行を特定する コード。

Article 5.   Time of Delivery

1 Products shall be delivered to the carrier / forwarder designated by the Buyer within 10 business days from the day following the date of Payment is deemed as effected.

2 The Buyer shall inform the Seller of the Buyer's carrier / forwarder information within a reasonable time prior to delivery, including but not limited to the business name and contact details of the carrier / forwarder.

3 If the Buyer fails to give the aforementioned information to the Seller in time, the Seller shall arrange carrier / forwarder at its own discretion at the Buyer's cost  to avoid any delay of such shipment.

・from the day following the date 「~の翌日から起算して」

・具体的に○月○日と指定して記載することも可能であるが、それまでに入金(この例では前払確認後出荷としている)しない場合もあるので、入金後10営業日という表現にしている。

・L/C決済の場合は within __ days after receipt of L/C という表現が一般的だが、L/Cを受領してもアメンドが必要な場合もあり、アメンドを依頼していては出荷期限に間に合わない場合もあるので注意が必要。

Article 6.   Documents

The Seller shall make available to the Buyer the following documents:

Signed commercial invoice    3 copies

Packing list                          3 copies

この例ではFCAとしたので上記ドキュメントを例示した。

Article 7.   Title and Risk of Loss

The title to, and risk of loss, damage to or destruction of Products shall pass from the Seller to the Buyer at the time when such Products are effectively handed over to the carrier, forwarding agent or any other third party designated by the Buyer to execute the transport of the goods.

この例では、別項で支払い条件は前払い送金、受け渡し条件はFCA と設定している。

この例では入金を確認してから出荷するので、受け渡し時点で所有権は移転すると記載した。しかし、分割払いや後払いなどの場合は、入金するまで所有権は移転しない、という表現にすべきであろう。

またリスク移転時期は別項でインコタームズによるとしているのでわざわざ記載する必要もないし、敢えて記載して、受け渡し条件(この例ではFCA)と違った内容を間違って書いても困る。ここでは念のためにFCAに沿って記載した。

Article 8.   Inspection

1 The Buyer shall inspect the Products promptly within thirty (30) Business Days after receipt of the Products at the place of destination pursuant to the delivery documents and shall give written notice to the Seller specifying any alleged non-conformance or shortage.

2  The written notice shall only be permissible within thirty (30) Business Days after discovery. Upon the expiration of the mentioned deadline the Products are deemed accepted as having been delivered in accordance with the Agreement and as being free from any non-conformance, shortage  or any other deficiency whatsoever.

品違いや数量不足、スペック違いなどの受け入れ検査。ウィーン売買条約第38条(1)では、「買主は、状況に応じて実行可能な限り短い期間内に、物品を検査し、又は検査させなければならない。」とある。商品が機械装置である場合は、検収条件をあらかじめ定め、検収書は確実に入手すべきである。

・「検収は売主の工場で出荷前に行う、売主設定の条件での出荷前検査を以て最終(買主や買主の代理人がそれに立ち会いたいならどうぞ)」というのがベストだが、この例では買主受領後30日以内に検査をし、発見後30日以内に売主に通知することとしている。なお、ウィーン売買条約第36条(1)には「売主は、契約及びこの条約に従い、危険が買主に移転した時に存在していた不適合について責任を負うものとし、当該不適合が危険の移転した時の後に明らかになった場合においても責任を負う。」とあり、仮に出荷前検査を最終とするのであればウィーン売買条約第36条(1)排除を明示すべきかもしれない。

または、The buyer must pay the costs of pre-shipment inspection done by third party inspection agencies.

船積前に、輸入者が指定する検査機関が輸出者の工場なりを訪問して、出荷前検査を行い、その検査合格証をL/Cの買取書類の一つに指定する場合がある。これはインコタームズでも買主負担と規定されているが、その検査機関からの検査業務請求書が輸出者に送られてくることがある。したがって販売契約書において

「万一買主の指示による別途船積み前検品の場合の検品料の負担は買主の負担である」 旨を記載しておく。

Article 9. Warranty

1 The Seller warrants the Buyer that the Products, shall conform, in all respects, to the specifications set forth in Exhibit A as attached hereto, and will free from defects in material and workmanship for a period of 24 (Twenty four) months from the Delivery Date.

商品の保証をWarranty. Guarantyはどちらかといえば借金の保証。

The Seller will accept no warranty responsibility nor any charges in the event of

1.1 improper handling, storage or use

1.2 any repairs which are not authorized by the Seller

1.3 normal wear and tear

1.4 other cause of defect not exclusively attributable to the Seller

2 The Products found faulty shall be repaired or replaced at the Seller’s option at its premises. Transportation charges sending from the Buyer to the Seller and returning from the Seller to the Buyer including necessary duties/taxes shall be paid by the Buyer.

3 At the Seller's opinion, the Seller may supply replacement parts with the Buyer at free of charge. In such case, dismantling of the defective part, re-installation of the replacement parts shall be the responsibility of the Buyer. Transportation charges for the replacement parts from the Seller to the buyer and returning the defective parts from the Buyer to the Seller including necessary duties/taxes shall be paid by the Buyer.

機械装置の輸出の場合、保証期間中に故障する場合がある。その際費用負担等の取り決めは売主、買主の力関係による。

輸出出した機械を送料買主負担で日本に返送し、修理または代替品を送料買主負担で返送、または交換部品を送料買主負担で無償提供など、ここでは売主に都合の良い形を例示した。なお、この場合対象機械または対象交換部品が外為法規制品目である場合は注意を要する。

Article 10 Limitation of Liability

THERE ARE NO WARRANTIES,  EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR  FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE, ON PRODUCTS SOLD TO THE BUYER EXCEPT AS PROVIDED IN THIS AGREEMENT.

このホームページでは説明していないが、アメリカの各州が制定する商法のモデルとなるアメリカ統一商事法典 (UCC: Uniform Commercial Code) では、動産売買の場合、その商品が通常備えている品質を保証することが求められている。その適用を排除するためには目立つ方法で適用除外を表示することが必要であり、大文字で書くのが一般的である。これは米国向けではない国際取引にも慣習的に用いられている。「本契約に規定がある場合を除いて、買主に販売された製品には、商品性もしくは特定の目的への適合性に関する明示的・黙示的保証は付与されない。」

Article 11. Confidentiality

The information, documents, data and/or materials provided by one Party (the Disclosing party") to the other Party (the "Receiving party") which is clearly identified and marked in writing as being of a confidential at the time of disclosure will be deemed to be confidential for purposes of this Agreement, and shall not be disclosed to a third party other than the Parties hereto.

However, that the Receiving party may  disclose such information, documents, data and/or materials to a third party when required by any judicial order or decree or by any other governmental proceedings to disclose them.

守秘義務はそれだけで大掛かりな契約書ができるほどのものだが、この例では極めて簡素なものを示した。

Article 12.  Force Majeure

If the performance by the either party of its obligations hereunder is directly or indirectly prevented by force majeure, wholly or in part, due to circumstances beyond its control, including but not limited to, Acts of God, earthquake, flood, typhoon,  tidal wave, fire, plague, war declared or not or thereat of the same, terrorism or civil commotion,   epidemic, quarantine restriction, perils of the sea, blockade, arrest or restraint of government, strike, lockout, sabotage or other labor dispute, governmental acts, orders or regulations,  or any other causes or circumstances whatsoever beyond the reasonable control of the either party, then the party so affected shall not be liable for loss or damage, or failure of or delay in performing its obligations under this Agreement.

不可抗力

Article 13. Terms of Agreement

This Agreement shall be effective for a period of two (2) years commencing on the date hereof and shall be automatically renewed and continued for another period of one (1) year on the same terms and conditions thereafter, unless either party gives the other a notice of termination in writing at least four (4) months prior to the expiration of the term or any such renewal term of this Agreement.

このアグリーメントは単発の輸出案件の売買契約(スポット契約)を念頭においているが、同じ条件で追加注文のあるかもしれないので、2年間としてある。スポット契約の場合、Terms of Agreementまで規定しない場合もある、

なお、無期限な自動更新は避けるべき。自動更新が延々と続く場合の表現は、たとえば、

....automatically renewed and continued for successive periods of one (1) year on the same terms and conditions thereafter,...... となる。

Article 14. Termination

Either party may terminate this Agreement at any time, without prejudice to any other rights or remedies, if any of the following occur:
(i) Any default or breach of any provisions hereof by either party and fails to cure such default or breach within thirty (30) days after the receipt of a written notice specifying the default or breach by other party;
(ii)   A petition  into bankruptcy or reorganization by or against either party;

(iii)  Dissolution or liquidation of either party;

(iv) Any substantial change in the ownership, management or control of either party is implemented;

「without prejudice to any other rights or remedies」 というのは、相手が倒産した場合に契約は解除するとしても、本契約上で定めた他の権利(例えば損害賠償請求権)は失うことなく、本契約は解除できる、という意味。

ウィーン売買条約はなるべく契約を維持しようとするスタンスに立っている。(ii)~(iv)は相手先の信用悪化の場合。

このアグリーメントは単発の売買契約を念頭おいているが、現地ディストリビュータとの商取引基本契約の様な場合等継続的な取引を前提とした場合、相手の信用状態に不安が生じた場合に契約を解除できるという「不安の抗弁」を主張しうるとされている。ウィーン売買条約71条も、この「不安の抗弁」を認めたものと解釈されている。

Article 15. Survival

1  Article 9. (Warranty) shall survive the expiration or termination of this Agreement for whatever reason.

2  Article 11. (Confidentiality) shall survive for a period of five (5) years from the expiration or termination of this Agreement for whatever reason.

契約自体が終了した場合に、契約で定めた製品保証や守秘義務までもが反故にされないように、契約終了後も生き残るべき義務を定める条項。

Article 16.  Assignments

Neither the Seller nor the Buyer may assign, transfer or delegate any portion of its duties or obligations under this Agreement without the prior written consent of the other party. 

契約上の権利義務の無断譲渡禁止

Article 17.  Applicable Law

This Agreement shall be governed by and construed in accordance with the laws of Japan, without reference to principles of conflicts of laws.

準拠法

「without reference to principles of conflict of laws」とは、たとえ相手国の法律により相手国の法律で契約書の解釈を行なうことが定められている場合であっても、この契約書は日本法で解釈することに合意する、という意味。仲裁ではなく、裁判で争いを解決する場合は ...and and the Tokyo District Court of Japan shall have exclusive jurisdiction over any dispute between the Parties hereto. と続ける。

 

ウイーン売買条約の規定を排除する場合の表現としては次のようなものが考えられる。

The application of 1980 United Nations Convention on Contracts for the International Sale of Goods is expressly excluded.

Article 18. Arbitration

Any and all disputes, controversies of differences arising between the Parties out of or in relation to this Agreement, or breach thereof, shall be finally settled by arbitration in Tokyo, Japan in accordance with the rules of the Japan Commercial Arbitration Association. The arbitration proceeding shall be conducted in English. The arbitration award shall be final and binding upon the Parties.

ウィーン売買条約は契約の成立や契約当事者の権利義務については定めているが、紛争解決については書かれていない。そこで、契約書には紛争解決条項をいれておくことが必要。

紛争が生じた場合は裁判か仲裁で解決することとなる。裁判、仲裁ともメリット、デメリットがあるが、ここでは仲裁の例を紹介した。

仲裁の対象は限定せず広く規定する、仲裁が最終的な解決であること、仲裁地、仲裁機関と仲裁規則を明記。

Japan Commercial Arbitration Association、一般社団法人日本商事仲裁協会。

Article 19.  Entire Agreement

This Agreement supersedes all prior discussions, agreements, understandings of any and every nature, whether written or oral, between the parties with respect to the subject matter of this Agreement.

完全合意条項

Agreementの正式締結前に、Letter of Intent や Memorandum of Understandingの様な文書を作ったり、あるいは口頭で小さな合意を双方が重ねているケースは良く見られる。完全合意条項はこうした過去の約束を清算して、今回締結するAgreementがすべてであるとする、重要な条項である。

Article 20.   No Waiver

A failure or delay by either party in exercising any right, power or privilege under this Agreement is not to be taken as a waiver of the right, and a single or partial exercise of any right, power or privilege is not to be taken to preclude any other or further excise of that right, power or privilege.

権利不放棄条項

契約上の権利を行使しなかったり、タイムリーに行使しなかったり、一部しか行使しなかったとしても、契約上の他の部分の権利行使や将来的な権利行使を妨げられるものではない。

Article 21. Severance

If any term or provision of this Agreement shall be determined to be invalid, illegal or unenforceable for any reason whatsoever, the validity, legality and enforceability of the remaining provisions of this Agreement shall nevertheless remain valid and enforceable.

契約既定分離条項

管轄裁判所の判断により規定の一部が無効とされることがあっても,その他の条項は分離・独立していて影響を受けず,有効なまま存続するとして、契約全体としては無効とされることの無いようにする条項。

Article 22.   Headings

The headings in this Agreement are for convenience only and shall not be interpreted to limit or otherwise affect the terms of this Agreement.

Article 23. Counterparts 

This Agreement may be executed in one or more counterparts, each of which shall be deemed to constitute a full and original agreement for all purposes.

契約書を複数通作成した場合の個々を正本として扱う。 

 

IN WITNESS WHEREOF, the Parties have executed this Agreement as of the date first above written.

Seller                                                     Buyer

By:______________________________  By:________________________________

Name:____________________________ Name:______________________________

Title:_____________________________ Title:_______________________________

[IN WITNESS WHEREOF]本契約の証として "executed" 「調印した」の意。「執行」の意味ではない。

この例では前文に契約締結日が書かれているが、ここの署名者欄に日付が書かれることもある。この場合、両者が一堂に会して署名をするのであれば調印日は同一になるが、一方が先にサインしたものをクーリエで相手方に送付してサインする場合もある。この場合、後の日付で契約が発効した扱いになる。

署名者の Name欄は、サインだけだと後日署名者がわからなくなる場合もあるので、活字体で記入しておく方がよい。

英文契約書の収入印紙

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/06/02.htm

 

英文契約書が複数ページになる場合

法的な決まりはない。一般的には下記の何れか。

・売買契約書全てのページの下部分にイニシャルのサインをする。 TY   QJ  など。 

この場合、綴じていなくても良いが、散逸するおそれもある。

売買契約書を2~3か所ホッチキスで止め、ホッチキスの針を隠すように細長い紙または製本テープを背表紙みたいに張り付けて製本する。そうやって製本した部分の表紙に背表紙がオーバーラップしている部分にイニシャルのサインをする。この場合、各ページにイニシャルのサインはなくても良い。

 

Representations and Warranties 条項

表明保証条項。 ワランティとあるが、商品売買契約というよりはM&A契約などで、被買収会社側で必要とされる決議や手続きが済んでいることの表明などを記載する条項。