貿易金融の電子化

 

1. 背景

B/Lの危機、国際的なサプライチェーンから、貿易書類のペーパーレス化が検討されている。

 

2. TEDI : 日本版の貿易金融電子化サービス。

 

3. Bolero : ヨーロッパ版の貿易金融電子化サービス。船荷証券自体の電子化を図る。

Bolero規約への同意や費用が高額なため、あまり普及していない。

 

4. TSU(Trade Service Utility)

輸入者、輸出者の銀行がそれぞれ取引書類を入力したデータが電子的にマッチングすると、銀行間での決裁が行われる仕組み。

・輸入者と輸出者とで売買契約が成立

・輸入者が契約書を輸入者の取引銀行に提出、銀行はそのデータをTSUに登録する。

・輸出者も契約書を輸出者の取引銀行に提出、船積後にはTransport DataとしてインボイスやB/Lも輸出者の取引銀行に提出。銀行はそのデータをTSUに登録する。(なお、B/Lは元本を提出するが、銀行より返却されるので、輸出者がB/Lを輸入者に送る。)

・ 双方のデータがマッチングすると、銀行間での決裁が行われる。

・TSUにはBPO(Bank Payment Obligation)がついており、輸入者の銀行がその支払いを輸出者の銀行に保証する。この点L/Cの電子化に近い意味がある。

・また、NIP (Notice of Intent to Pay) により、輸入者が支払いのトリガーを引く機能も付加されている。

・これにより、L/Cに基づくペーパーワークの削減や、決裁期間の短縮という輸出者のメリットがある。

一方、輸入者は、納期短縮、少量発注による在庫削減というメリットが期待できる。

・なお、BPOは2013 年 4 月にURBPO (Uniform Rules for Bank Payment Obligations)として、ICC(国際商業会議所)のルールとなり2013年7月から運用が開始された。

(20130826)