L/Cの種類

取消不能信用状・取消可能信用状
UCP600では全ての信用状は取消不能信用状 (Irrevocable L/C) となっている。

(20130810)

確認信用状 Confirmed L/C

(1) L/C発行銀行自体の資金力や信用状況に懸念がある場合に、L/C発行銀行が依頼して他の銀行(確認銀行)が、そのL/Cによる支払いを確認したもの。
  L/CのConfirmation Instruction欄に「CONFIRM」や「MAY ADD」と記載されている。

「CONFIRM」は通知銀行にCONFIRMを求めているもので、通知銀行がCONFIRMをつけてL/C到着を受益者に通知する。

「MAY ADD 」は受益者(輸出者) の指示があればコンファームを付与してもよいとするもの。

これらはコンファームする旨がオモテに出てるので、オープンコンファーム。

 

(2) L/CのConfirmation Instruction欄の記載が WITHOUT となっているものが未確認信用状(Unconfirmed L/C)。(20160412)

 

(3) 信用状発行銀行から頼まれてもいないのに、受益者の取引銀行などが Confirmed L/C を更にConfirmしたり、Unconfirmed L/Cに確認をつけることを サイレントコンファームという。Unconfirmed L/Cに確認をつけてくれる銀行は、滅多にいないのではないか。 (20160412)

償還請求権付信用状 With Recourse Credit
手形振出人(輸出者)が償還義務を負う信用状。手形の名宛人(輸入者)が、何らかの理由で輸出者が降り出した手形の支払いをしなかった場合、手形の振出人(輸出者)はL/Cをネゴして手形を買い取ってもらったお金(買取銀行からの変わり金)を、買取銀行へ返す(償還する)義務がある信用状。

日本では手形法上、振出人に対する償還請求権を認めており、輸出者が取引銀行に差し入れる「外国向為替手形取引約定書」にも、輸出者の手形買戻債務が規定されている。

Without Recourse Creditは、輸入者側で支払いがなされなかった場合、Without Recourse の文言が無効となり、With Recourse として取り扱われ、買取銀行からは買戻し請求される。(20130810)

 

 Standby L/C (スタンドバイ L/C)

(1) 貿易取引の決済手段として利用する場合

輸入者が取引銀行にスタンドバイL/Cの依頼し、輸出者を受益者として発行する。

輸入者からの発注にしたがって輸出者は船積みし、輸入者にInvoiceを発行するOpen Accountの取引となる。発注ごとに個別のL/Cを開く手間を省くことができる。輸入者の支払いが遅れたり支払い不能になった場合、輸出者は荷為替手形を振出してL/C開設銀行(この例では輸入者の取引銀行)に持込んで代金回収を図ることができる。

 

(2) 海外進出先子会社が現地の銀行から資金借り入れを行う場合

→海外進出の項を参照

 

譲渡可能信用状

受益者(輸出者)が、L/C金額の全部または一部を第三者に譲渡することを認めている信用状。

 

オープン信用状

受益者(輸出者)はどの銀行でも買取に持ち込むことができる。